借りる前に返済計画を立てよう(学生ローン比較ガイド)

借りる前に返済計画を立てよう

TOPページ 学生ローン上手な利用方法 > 借りる前に返済計画を立てよう

 

借りる前に返済計画を立てよう

学生ローンやキャッシングを利用する際に必ず行ってほしいのが
返済計画を立てる
ということです。

お金を借りるということは、恥ずかしいことでは決してありません。
けれども、借りたお金をきちんと返済できないのは、事前の計画がきちんと立てられなかったためですので、恥ずかしいことです。

一口に「返済計画を立てる」といわれても、一体、どうやって立てればいいかわからない方も多数いらっしゃると思いますので、ここでは返済計画の立て方の一例をお見せします。

大学2年生で20歳のMくんはバンドマンでどうしてもほしいギターがあり30万円で購入しようと考えています。
Mくんは、今、30万円のギターを手元に置いて弾きたいためにローンを利用してギターを購入しようと考えました。

Mくんは、まず、自分が毎月、どれくらいの収入があり、どれくらいの支出があるのかを調べました。

Mくんは、収入として仕送りが10万円、週2回、土日の携帯ショップで働いているバイト代が毎月7万円ほどありました。

一方、決まっている支出としては、家賃が毎月6万、食費が3万、光熱費が1万、交通費が1万、携帯代が5000円、インターネット代が5000円でした。
ここまでの支出を足すと13万となり、残りの4万は、友人との飲み会に使ったり、服を買ったりとダラダラと使ってしまっていました。

ここからローンに当てられるのは、どんなに多くても2万。できれば1万にしたいと考えました。
また、返済期間は、学生のうちに返済すると決めていたので最長でも2年間だと考えていました、

Mくんは、初めてローンを利用するため、できるだけ大手の消費者金融で、その中でも低金利な場所を。。
と、考えてアコムを選びました。

アコムは、20歳を超えていれば学生でも申込みが可能で年利18%と低金利なことと、返済方式に定率リボルビング方式を採用しているために返済計画が立てやすいことが決め手でした。

Mくんは、30万円の借入れ金額で、返済期間が2年間(24回払い)で金利18%の定率リボルビング方式の場合の毎月の返済額を計算しました。(アコムのサイトにシミュレーターがあり簡単に返済シミュレーションができます)

すると、30万円の借入れ額で24回払いで返済しようとすると毎月の返済額は14,977円になることがわかりました。
この、14,977円は、Mくんが考えていたローンに当ててもいい額(1~2万円)に収まったために、迷わずアコムに借入れの申込みを行いました。

結果、Mくんは、定期的な収入が仕送りとバイトときちんとあるため、審査にもとおり、念願のギターを手に入れることができました。

Mくんは、その後、きちんと2年間、滞りなく返済を行いローンを完済することができました。また、憧れだったギターを手に入れたことで、ますますギターに熱中し、メキメキとギターの腕前もあげることができました。

Mくんのような例は、ローンを上手に使ったいい例だと私には、写りました。
何より、利用する前にきちんと返済のイメージを持っていたことが、Mくんが上手にローンを利用できた理由だと思っています。

みなさんも、これからローンを利用するさいには、
きちんとした返済計画を立てて
上手に利用してください!

ページトップへ↑