金利(年利)って何ですか?(学生ローン比較ガイド)

金利(年利)って何ですか?

TOPページ 学生ローンの基礎知識 > 金利(年利)って何ですか?

 

金利(年利)って何ですか?

金利(年利)って何ですか?

hpsa0107c-s.jpg

学生ローンは低金利だと聞いたのですが、この金利とは、どういう意味なのかがわかりません。何をさしているのですか?

hpsb0105c-s.jpg

金利とは、お金を借りたり、貸したりするときにつく「利子」のことです。この金利が低ければ低いほど、お金を借りたときに返す額が少なくてすみます。金利の中でも年刊単位で計算するものを「年利」、月単位で計算するものを「月利」と呼びます。例えば、年利18%をうたっている業者で100万円を借りると1年後には、18%の利子がつき、118万を返さなければなりません。長期的にお金を返していこうと考えている場合、この年利が数%違うだけで返済額に大きな差がでてきますので、より低金利なところで借りた方がラクになります。大手の消費者金融と比較しても、学生専門のローン会社は、低金利に設定されています。

借り入れ枠を増やすには?

hpsa0107c-s.jpg

現在、10万円を学生ローンで借りています。もう少し借りる額を大きくしたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?

hpsb0105c-s.jpg

きちんと決められた期日までに返済をしていれば、借りることのできる限度額(借り入れ枠と呼びます)は徐々に大きくすることができます。これは、「この人は、きちんと返済してくれそうだから、もう少し大きい額を貸しても安心だ」と業者があなたを信用してくれているという証でもあります。 この限度枠を増やしてくれる基準は、利用する業者さんごとに違います。実績期間が数ヶ月で利用枠を広げてくれるところもあれば、1年以上かかるところもあります。

将来、利用額を増やしたいと考えている場合には、申し込みの際に確認をしておくといいでしょう。

ただし、返済期日を守らない方には、なかなか利用枠を増やしてくれません。申し込みのの際には、余裕を持って無理のない返済計画を立てておきましょう。

返済はどこでするの?

hpsa0107c-s.jpg

借りたお金は、どうやって返していけばいいのでしょうか?来店する必要がありますか?

hpsb0105c-s.jpg

来店によって返済をすることももちろん可能ですが、ほとんどの方が銀行振り込みによる返済方法をとっているようです。返済期日に遅れる事がないように、余裕を持って振込みの手続きをとっておきましょう。

ちなみに、インターネット・バンキングを利用すれば、24時間・自宅から振り込むことが可能です。忙しくて銀行に出向く時間のない方などには強い味方となりますのでオススメです。

月々の返済日は決まっている?

hpsa0107c-s.jpg

バイト代が入ったら、すぐに返済したいと思っています。月ごとに返済日は、決まっていたりしますか?

hpsb0105c-s.jpg

返済日は、この日!というふうには、決まっていません。学生ローンは、利用者の都合にあわせて毎月の返済期日を設定する事ができます。 この返済期日までに、月々の支払いを行いますので、返済計画を立てる際には、仕送り日やアルバイトの給料日など、収入の予定のある日以降に設定する事が大切です。

返済日の設定にあたっては、契約時に詳しく説明してくれますのでアドバイスに従って設定することをオススメします。

毎月の支払いを少なくしたい!

hpsa0107c-s.jpg

私は、学生ローンを利用するにあたって、毎月の返済額をできるだけ抑えたいので、1~2年かけて返済していこうと思っています。どういった、基準で業者を選択すればよいでしょうか?

hpsb0105c-s.jpg

あなたのように「月々の返済額を少しでも抑えるため数年にわたって少しずつ返済していこう。」と考えている方は、支払い総額を少なくする為に、少しでも金利の低い業者さんを選ぶことが大事です。

一般的に金利の低い業者さんは、審査が厳しいと言われています。中には、他社からの借り入れがあると利用できない業者さんもあります。

しかし、学生ローンをはじめて利用される方は、ほとんどの業者さんが利用する事ができると考えて大丈夫ですので、安易にお店を選ばずにできるだけ金利の低い業者さんを選択する事が大切です。



このサイトでは、低金利(年利18.0%以下)で学生も利用可能な業者の一覧をまとめていますので参考にしてください。

低金利の学生ローンとしてオススメなのは、学生ローンのイー・キャンパスです。学生ローンのイー・キャンパスの通常の金利は18.0%と学生ローンとしては、普通ですが、「学割金利」が設定されています。



この「学割金利」は、「20歳以上の大学生・大学院生で(短大生を除く)、学生証・運転免許証・健康保険証の全てを提示すると、金利が16.8%で利用できる」というものです。これは、低金利をうたう学生ローンの中でもかなりの低金利ですので、条件がクリアできる方には、大変オススメです。

ページトップへ↑